メルヴィータとロクシタンの比較

メルヴィータとロクシタンの比較

Melvita(メルヴィータ)は、ロクシタンのグループ会社ですが、何が違うのか…。
気になったので比較してみました。

 

メルヴィータとロクシタンの比較表も作ってみましたが、大前提としてはこんな感じです。

 

・ロクシタンの方が会社規模が大きい
・メルヴィータはロクシタンのグループ会社

 

-

メルヴィータ

ロクシタン

創業

1983年

1976年

創業場所

フランスのアルデーシュ

フランスのプロヴァンス地方

日本上陸

2011年

1998年

エコサート認証製品

コスメビオ認証製品

代表アイテム

アルガンオイル3,500円

シアハンドクリーム 30ml 1400円

 

ブランド最初のアイテム

ヘキサゴナル(六角形)ソープ

エッセンシャルオイル

会社名

メルヴィータジャポン株式会社

ロクシタンジャポン株式会社

資本金

5千万円

1億円

創業者やブランドのはじまり

養蜂家、生物学者。

フランス南東部アルデーシュの自然が好きで養蜂等を始める。肌には自然な成分が良いとハチミツを使った石鹸を作ったのが始まり。「コスメビオ」の会長もしていた。

農家生まれ、古い蒸留器からローズマリーのエッセンシャルオイルを作り、地元マルシェで人気になり創業

 

この他にも、個人的な印象としてはこんな感じです。

 

・ロクシタンは香り系アイテム多い
・メルヴィータはスキンケアアイテムに力入れてる感じ
・ギフトの充実度ならロクシタン。オンラインのギフトサービスもしっかり!

 

メルヴィータはフェアトレードだったり、梱包資材までリサイクル可能素材にこだわったりしています。エコサートを世界で初めて取得した企業でもあります。季節をテーマにした商品展開も特徴的。

 

ロクシタンはシアバターのハンドクリームが代表アイテムであるようにライフスタイルブランドな傾向も有るのに対して、メルヴィータの方がより「スキンケア」の方向性が高い印象。

 

知名度が高いのはロクシタンですが、メルヴィータはこの数年で人気急上昇の風を感じます。

 

キールズは?

ロクシタンやメルヴィータ等のオーガニックコスメが好きだと、キールズも気になる人も多そう!
アポセカリー(調剤薬局)として生まれたキールズはニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として生まれた誕生した160年以上もの歴史を持つブランド。キールズとの比較は、また別の記事で書いていきたいと思います。

 

>>メルヴィータのお試しセット