アルガンオイルのモロッコはどんな国?

アルガンオイルのモロッコはどんな国?

最近話題のメルヴィータのアルガンビオオイル。
このブログ最初のページでも紹介しているトライアルお試しセットにも入っているアルガンオイルですが、口コミ評価も高い頼れるオイルです。

 

ついこないだの2017年@コスメ「ベストコスメアワード2017 ベストオイル・バーム」部門で第2位にもなっているほど!
(ちなみに、第一位はクナイプのビオオイル、第三位はクナイプのビオオイルローズでした。クナイプはドイツの入浴料シェアNo1のハーバルブランドみたいですが、クナイプも気になる…!)

 

アルガンオイルってどんなオイル?

で、このアルガンオイルは紫外線がしっかり降り注ぐモロッコでとれる希少性の高いオイルです。
アルガンオイルには天然のビタミンEたたっぷり。オリーブオイルと比べるとまさかの2から3倍のビタミンE!この他、アンチエイジングにも良いとされる抗酸化物質も入ってるんです。
酸化は美容のキーワードですよね…!

 

初回限定セットでもお試しできるアルガンオイルですが、メルヴィータのアルガンオイルは、肌だけじゃなくて地球環境や現地の人にも優しかったりします。

 

・オーガニック認証を受けた専用の森で栽培
・エコサート認証あり!
・100%オーガニック
・フェアトレード
・地域サポート

 

フェアトレードなので、メルヴィータを使うことで現地の女性が暮らしやすかったり働き口になったりしたらうれしいですよね。
メルヴィータは化粧品の空きボトル回収キャンペーンもあるから、環境問題への取り組みのホンキ度が高いです。

 

期間限定で空きボトルをメルヴィータのショップに持っていくと、ビオオイルアルガンオイル50mlが半額で買えた時もありました!(お得すぎるので1人2本限定でした!)

 

しかし!
メルヴィータのビオオイルがとれるモロッコについてはほぼ知らない…
そこでモロッコについて調べてみました…!

 

ヨーロッパに近いアフリカの国・モロッコ

地理が苦手だった私としては、モロッコはどこにあるんだ…という話。
名前の響きからしてモンゴル辺りかと勝手にぼんやり予想していたら、ググってみるとまさかのアフリカ!

 

アフリカ大陸で、一番ヨーロッパ大陸に近い国と思うほど、スペインの真下に位置しています。

 

あのクレオパトラの娘もモロッコの王家に入ったとか…!
歴史上の政略結婚的な意味もあったのですよね…。

 

ちなみに、現モロッコ王様であるムハンマド6世の国王さまは、日本食が大好きなんだとか!
2005年に来日されているのですが、お気に入りは島根県仁多郡のコシヒカリ「仁多米(にたまい)」とかなんとか…!

 

モロッコにある美しい港町
マラケシュはモロッコ随一の美しい港町。
近くにサハラ砂漠や迷宮としフェズ、美しい青い街のシャウエン等の有名観光地があるのでスルーされてしまう町なのだとか。私は、モロッコにもアフリカ大陸にも旅行経験がないですが、旅行好きな元添乗員さんがこないだSNSに投稿して初めて知りました。